向田邦子展~凛として生きて~

銀座松坂屋で向田邦子没後25周年展を。幼少期~作家として活躍~不慮の航空機事故で亡くなるまでの、彼女にまつわる品々が展示。とくに商売柄、食器・洋服など暮らしの道具が目をひきました。
以前「芸術新潮」で、この方の食器選択眼の確かさが紹介されてて、それを読んで以来興味が。いや~確かに骨董を主体とした食器、ほんといいものばかり。染付けのそば猪口が実にすてき。旅行で愛用してたジュラルミンスーツケースや、予定がなぐり書かれたカレンダーなど、使用感がありつつとても美しい。一流の方は審美眼も一流なんですね、納得。写真もおスキだったようで愛機にolympus penやkonica c35、canon f-1などがあって勝手に親近感を抱いてしまいました。

でも、彼女自身が写った写真を見るとなぜか孤独の影が垣間見えます。孤独を抱えていたからこそ、多くの人を感動させることができたのでしょうか。なんてわかったような事を言ってますね。きっとそれを楽しむすべをいくつもお持ちだったのでは。そんなライフスタイルが今も多くの人をひきつけている一因なのでしょう。

見終わってひとつの感情が・・・わたし向田邦子さんに恋しました。ハハ。なんといってもお顔が美しい。ステキな女性です。

[PR]
by sizima8910 | 2006-05-10 00:49 | うつわのこと


戸田文浩 うつわ作ってます 陶芸・写真・音楽


by sizima8910

プロフィールを見る

フォロー中のブログ

H a P P y * ...
harunohitsuji
Je pense don...
K の ト ラ ン ク
何処やらに鶴の声きく霞かな
ヒトは猫のペットである
三郎窯
annyostyle
一日舎
photo*life
フィレンツェ田舎生活便り2
プシプシーナと日々のあわ
soraji 店主の日記
店主の雑記帳/器つれづれ
堂本陶工房 日記
y's style  
お茶とギャラリー 1188
うつわのかけら
gris souris
うつわづくり日記
女性ゲームプロデューサー...
つむぎ
辻中秀夫@陶芸家 オフィ...
Ekoca-shop
みわの森

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
more...

その他のジャンル