セバスチャン・サルガド 「AFRICA」

Sebastião Salgado

昨日の日曜美術館でも取り上げられてた
セバスチャン・サルガドの写真展「アフリカ」。
ぜひ見に行ってください。
ここまで崇高な美しさを持つ写真を私は見たことがありません。
アフリカの内戦や飢餓などの問題を「上から目線」では見ることは、
植民地時代の宗主国と同じ轍を踏むことです。
サルガドがそうした姿勢と真逆であることは、
難民や動物にそっと寄り添うような一枚一枚を見れば明らかです。
ご本人もインタビューで答えていたように、
「尊厳」という言葉を強くイメージする写真展です。

12月13日(日)まで東京都写真美術館

ps.写真の一部はこちらにも。


[PR]
by sizima8910 | 2009-12-08 01:26 | 写真のこと


戸田文浩 うつわ作ってます 陶芸・写真・音楽


by sizima8910

プロフィールを見る